介護の泉
  HOME/必要性/要介護認定/介護サービス/福祉とは/お問合せ

ようこそ介護の泉へ

はじめまして。このサイトでは、介護、福祉、介護施設について述べています。今は必要のない知識でも、いつか必ず役立つ知識だと思います。介護は大変なことです、介護を一言で説明することはとても簡単な事で、上辺だけを見ると別にお年寄りの相手をしておくだけだし大変でも無いだろう。と思われる方も多いと思います。しかし、実際、介護の内情を知るとそうも言ってられません。介護業界ならではの複雑な事情が絡み合っているのです。介護を助ける介護器具などもご紹介しております。みなさま、又はみなさまの大切なご家族の方の幸せな老後について、一度じっくり考えてみるのも良いと思います。 有料老人ホームを利用することもオススメです。

介護とは

介護の「介」とは
心にかける、気にかける、仲立ちをする、等の意味があります。
介護の「護」とは
まもる、かばう、ふせぐ、たすける、という意味があり ます。

「介護」という言葉が浸透してきた今ですが、介護という行為は、古くから家庭のなかにあって、家族によって担われてきました。
近年、この介護機能を社会の責任として、社会全体で担っていこうとする動きが活性化してきました。

「介護の社会化」を促した社会的要因には、高齢化率の急速な上昇、女性の社会的進出、核家族化、医療の進歩に伴って疾病の重度化と長期化などがあげられます。
このような社会的背景の中で介護の専門家が必要となり、「介護福祉士」という職業が誕生しました。
介護は、介護を必要とする人たちの生活の質を高め、自分らしく生きるという自立を促すことです。人間としての尊厳を認め、個性のある自立した者として理解し、質の高い生活が送れるようにすることです。

人々が日々の暮らしの中において「その人らしく」生きることが、病気や障害、高齢のために達成できなくなってしまうことのないように援助することです。「その人らしく」生きるとは、それまでに培われてきた生活習慣を日常生活場面において支障なく成し遂げることです。その中には精神的な満足度や価値観の尊重、社会参加なども含まれます。

生活のほとんどの事に介護が必要で介護をする側の負担が大きい場合は有料老人ホームなどの施設を利用してください。介護の負担が大きすぎると思わぬ事件等に繋がりかねません。
有料老人ホームは高額で入居をしたくないと思っている方が多いと思いますが、現在は高齢者や介護の負担を減らそうとする制度もでき老人ホームへの入居もしやすくなりました。
要介護者はもちろん、食事や多少の生活のお世話だけで充分という方まで様々なサービスがあり、設備が整っている有料老人ホームも多くあります。

Favorite

ベリーダンス衣装の通信販売を行っております。

ベリーダンス衣装 通販

歴史ある印鑑のお店です。

印鑑 通販

いろんな柄のレギンスやタトゥータイツがいっぱい揃ったトレンド・ショップ

評判の粉末茶

水戸市の不動産なら | 東洋エステート

Last update:2015/5/20

 
Copyright(C)2008 kaigonoizumi.All right reserved